会長挨拶


日本不整脈心電学会(JHRS)は、2015年に日本不整脈学会と日本心電学会が統合して発足した学会です。これまで、年次学術集会(夏季)のほかに、分科会として委員会主導でカテーテルアブレーション関連大会(秋季)、植込みデバイス関連大会(冬季)を開催して参りましたが、2021年からは3つの目の分科会として、心電学委員会が中心となり、心電学関連大会(春季)を開催する運びとなりました。このことは、まさに不整脈および心電図を専門的に取り扱う学術性・公益性の高い学会として発展していることを示しています。

心電学関連春季大会の母体となったのは、長い歴史を有する日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会(JASHNE)、心電情報処理ワークショップ(JSCE)、体表心臓微小電位研究会、心電図伝送システム研究会の4つの研究会です。これらの研究会では、臨床医学系、基礎医学系、工学系の参加者が中心になってきましたが、今後は薬理学系、獣医学系、さらには臨床検査技師、臨床工学技士、看護師などの参加者も交えながら、専門的かつ教育的な学術大会になるように企画していきます。

取り扱う分野としては、12 誘導心電図、ホルター心電図、イベント心電図、突然死予知指標などの非侵襲的領域にとどまらず、植込み型心電計、植込み型デバイス、カテーテルアブレーションといった侵襲的な検査・治療の適応に繋がる評価、さらには人工知能を利用した研究なども含めたいと考えています。

第1回心電学関連春季大会は、2021年4月24日(土)に東京駅に隣接したJPタワーホール&カンファレンスで開催いたします。是非、医師・研究者のみならず、メディカルプロフェッショナルの皆様にも多く参加していただき、この分野のさらなる発展につながるようご支援を賜ることができれば幸いです。

心電学関連春季大会2021
会長  池田 隆徳
(東邦大学大学院医学研究科循環器内科学)